【シージ】新シーズンはいつ?Year5新情報【まとめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

レインボーシックスシージのYear5 Season1がいつ頃になるのか、またどんな修正・追加になるのかについて解説します。(2019/3/3現在)

シージの新シーズンはいつ?

現時点では、Year5 Season1の公開日は発表されていません。
ただ、今までの傾向から考えて、3月10日(火)になると思われます。

新シーズンの情報をいち早くゲットしたい方は、「@rainbow6game」のフォローがおすすめです。

Year5のロードマップ

カナダ・モントリオールで開催されたメジャー大会“Six Invitational 2020”にて、レインボーシックスシージのYear5・Year6ロードマップが公開されており、次のシーズンがどういった内容になるのか、ある程度知ることができます。

Season1

登場オペレーター国籍:オランダ・ヨルダン
マップ:オレゴンのリワーク
イベント・アーケードプレイリスト:ニンテンドー64のGolden Eyeのオマージュ。金メッキのデザートイーグルで武装するようです。(4日間)

Season2

登場オペレーター国籍:南アフリカ・ノルウェー
マップ:民家のリワーク
イベント・アーケードプレイリスト:不明

Season3

登場オペレーター国籍:シークレット(1名のみ)
マップ:高層ビルのリワーク
イベント・アーケードプレイリスト:不明
コアゲームプレイの調整・リワーク

Season4

登場オペレーター国籍:タイ(1名のみ)
マップ:山荘のリワーク
イベント・アーケードプレイリスト:不明
コアゲームプレイの調整・リワーク

Year5・Year6の丸2年をかけたロードマップでは、新たなゲーム体験を提供するコアシステムの導入・改変や、マップ・オペレーターのリワークに重点が置かれるようです。Year5は、Year6への架け橋的な年にするとのこと。
Year5 Season1・Season2では従来どおりの展開、Year5 Season3・Season4では、オペレーターの登場数を減らしその分をプレイ要素の充実に図ります。新キャラクター登場時のストーリーも強化予定。
これを皮切りに、Year6からは、既存要素やキャラの刷新など、プレイ要素の充実に舵をとっていくようです。開幕時の一斉更新ではなく、コンテンツを随時柔軟に投入してゲームの鮮度を保つ方向にシフトしていきます。

またYear4では、「Rainbow is Magic」、「Showdown」、「Doktor’s Curse」、「Road to SI」といったインゲームイベントが開催されました。Year5でも同様に、こうしたイベントが毎シーズン提供されます。それに加えて、週末限定のプレイリスト「アーケードプレイリスト」が登場します。最初のアーケードプレイリストは、ニンテンドー64のGolden Eyeをオマージュした「Gold Gun」。Season1の期間中に4日間配信されます。その後Year5 Season3から本格稼働、徐々に配信数を増やしていきたいとのことです。

そしてYear5最大の変更点として、プレイヤーの「評価システム」も導入されます。プレイヤーの評価レベルが決定され、報酬や罰則が発生するといったものです。

また時期不明ですが、以下のようなアップデートも予定されています。
タチャンカ(TACHANKA)のリワーク…固有ガジェットだったLMGがメインウェポンに変更。新しい固有ガジェット「グレネードランチャー」が与えられます。カピタオの窒息ガスボルトのように、使用した場所を中心にしたエリア内のオペレーターにダメージを与えることができます。

合わせて読みたい

【シージ】神獣化するタチャンカ!?特徴に迫る & タチャンカの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

近接アラーム(Proximity alarm)…防衛側のガジェットに、近接アラームが追加。敵がアラームの前を通過すると音でわかるようになります。

リプレイ機能の追加…自分や敵のプレイを見返せるようになります。また、神様視点(マップ頭上)からのリプレイも可能です。

マップBANの追加…ランクマッチで、ランダムに出てくる3つのマップの中から希望のマップに投票する機能が追加されます。

敵ガジェットにピンが打てるように変更…トラップ系のガジェット、ディフューザー、電子デバイスにもピンを打てるようになります。

攻撃側のガジェットに、ハードブリーチングできるガジェットを追加する案などもテスト中のようです。これは、HIBANAやTHERMITEを選ぶことを強制されないようにする配慮とのこと。

新シーズンの概要のおさらい

Year5 Season1「Operation Void Edge」に関しての情報は、以下にまとめました。また、Year5 Season1の内容を反映したテストサーバーは、2月17日(日本時間だと18日午前2時頃)から公開になるようです。

Year5 Season1の追加・修正点

Season1では、IANA(国籍:オランダ)、ORYX(国籍:ヨルダン)のオペレーター2名が追加されます。
また、マップの「オレゴン」のリワークが行われます。

IANA(イアナ)…攻撃側オペレーター。自分の分身のホログラムを生成することができます。ALIBIと違い、分身を操作することも可能です。ただし、敵にダメージを与えたり、バリケードを壊したりすることはできません。また、分身は脆く、銃弾1発やMUTEのジャマー、BANDITやKAIDの電撃に触れると消滅してしまいます。動作時間は20秒ほどで、それが切れると8~10秒のクールダウンタイムが発生するチャージ式になります。

合わせて読みたい

【シージ】イアナの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

ORYX(オリクス)…防衛側オペレーター。強力なタックルを繰り出すことができます。タックルを受けたプレイヤーは地面に倒され、無防備な状態になります。MONTAGNEなど盾オペレーターに対しても有効です。また、落とし戸をよじ登ることができます。

合わせて読みたい

【シージ】オリクスの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

また、マップの「オレゴン」のリワークが行われます。主に西側エリアが大きくリワークされたようです。

シージ マップ オレゴンのBefore After B1F
洗濯室の落とし戸がなくなります。
シージ マップ オレゴンのBefore After 1F 会議ホール
会議ホールから屋根裏通路へ繋がる梯子がなくなります。
シージ マップ オレゴンのBefore After 連絡通路
屋根裏の通路はぞき窓がなくなり、外から侵入可能な窓になりました。なくなった梯子のエリアは、オフィスへ繋がる通路になりました。
シージ マップ オレゴンのBefore After 食堂通路の上
食堂通路の上のエリアは平面になり、距離も短くなりました。また、オフィスの窓の外に足場が追加されました。

リージョン…GUマインを踏んだときのダメージがなくなります。8メートル以上離れる、もしくは障害物に遮られるとアイコンが見えなくなります。
毒のダメージ量が4→6に増加。ダウン中のプレイヤーにはGUマインは無効になります。

トゥイッチ…ショックドローンの初期の装弾数が3発になり、以降は30秒ごとにチャージされる仕様に変更されます。テーザーのダメージが10→1に減少。

バリケードの破壊表現が改善…破片の一部がバリケードに引っかからなくなります。

攻撃側ドローンの出現位置がランダムから、自身が最初に選択したオペレーターの出撃場所からのスポーンに変更されます。

ゴーヨ…ボルカンシールドを攻撃しても、爆発や炎は発生しなくなります。

アイキュー…未発見だった目標(爆弾・人質など)をガジェットで検知すると位置をチームに知らせることができます。

ウォーデン…ガジェット使用時のクールダウンが撤廃されます。使用時間を手動で停止可能になります。最大起動時間は10秒。

マップ「国境」の流域の戦車の周辺にリスキル防止の門と土嚢を追加

まとめ

“Six Invitational 2020”では、オペレーターの収録人数は、100名を目指しているとの発表もありました。2020年末にはPS5(PlayStation 5)の発売が予定され、シージを取り巻く環境が大きく変わる1年になるでしょう。
これからもアップデートを繰り返して、日々面白くなっていくレインボーシックスシージが見逃せませんね。

Year5の新シーズンの情報は判明次第、こちらの記事で更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

また、Youtubeのぶらむちゃんねるではリワークされたオレゴンや、新オペレーターなどYear5の情報を動画で随時発信していきますので、よかったらチャンネル登録よろしくおねがいします!

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ記事

【シージ】新シーズンはいつ?Year4新情報【まとめ】

シージ仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加