【シージ】ヴィジルの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィジル(VIGIL)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の攻撃側オペレーター、ヴィジル(VIGIL)を解説しています。アーマー1、足3のオペレーターです。ヴィジルの固有アビリティは発動するとドローンのカメラに映らなくなるので、遊撃向きのオペレーターです。

固有アビリティ

ERC-7

ヴィジルの固有アビリティは、チャージ式になっていて、発動中はカメラに一切映らなくなります。効果が効いているドローンは目が白くなります。ヴィジルが固有アビリティを発動中にドローンが近づくと、ドローンを回している攻撃側の画面下部に白いノイズのエフェクトが表れます。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにサブマシンガンのK1A、サブウェポンにマシンピストルのSMG-12を持つのがおすすめな構成です。
K1Aはリコイルが安定していてDPSランキングも防衛側オペレーターの銃としては上位のランキングを誇ります。
SMG-12はDPSランキングは上位ですが、リコイルはかなり制御が難しく指切り撃ち(タップ撃ち)で対応しましょう。

おすすめアタッチメント

K1Aには、等倍サイト/コンペンセイター/バーティカルグリップ
SMG-12には、等倍サイト/バーティカルグリップ
がおすすめです。

おすすめガジェット

インパクトグレネード

ヴィジルはインパクトグレネードと防弾カメラの選択になります。
ヴィジルは固有アビリティのERC-7との兼ね合いもあり、ほとんど遊撃に出るオペレーターです。
インパクトグレネードを持っていたほうが進路・退路をすぐに作ることができ、都合が良いのでインパクトグレネードをおすすめします。
チーム内でどうしても防弾カメラを持たないといけないときだけ、持つようにしましょう。

ヴィジル(VIGIL)の所有できる武器一覧

K1A(サブマシンガン)

K1A
リコイルも安定した銃。防衛側のオペレーターの銃では強めの性能。
ダメージ36
連射速度720
機動力50
装弾数31発
総弾数241発
リコイルのしやすさ☆5
距離減衰の目安☆4
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 38位

BOSG. 12.2(ショットガン)

BOSG. 12.2
通称ワンパンショットガン。遠距離の敵までいけます。距離減衰がかなりあり、遠距離はワンパンではないです。
ダメージ125
機動力50
装弾数2発
総弾数60発

C75 Auto(マシンピストル)

C75 Auto
サイトがつけれないが、そこそこのリコイルで高レートのマシンピストル。ハンドガンが得意な人にはおすすめかもしれません。
ダメージ35
連射速度1000
機動力50
装弾数27発
総弾数105発
リコイルのしやすさ☆3
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 8位

SMG-12(マシンピストル)

SMG-12
リコイルに関しては制御が不可能なレベル。指切り撃ち(タップ撃ち)でなんとかしましょう。
ダメージ28
連射速度1270
機動力50
装弾数33発
総弾数193発
リコイルのしやすさ☆1
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 6位

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

ヴィジル(VIGIL)の強み

ドローンで正確な位置が探られないことが一番の強みでしょう。
ある程度の位置はわかってしまいますが、上の階かもしれませんし、下の階かもしれません。右なのか左なのかも正確にはわからないので、圧倒的にヴィジル側のほうが有利です。
そういう意味で、ドローンは破壊するのかそのままスルーするのかは悩みどころです。破壊したほうが味方には貢献できますが、それによってキルチャンスを逃してしまう場合もあります。
また銃は防衛側オペレーターの中では強めな部類なので、撃ち合いは行っていける方と思って良いでしょう。

ヴィジル(VIGIL)の弱み

目立った弱みはありませんが、敢えて上げるのであれば固有アビリティERC-7の効果時間の短さでしょうか。その分、チャージも早くて良いのですが、ちょうど効果が切れたところにドローンが回ってきてしまうと位置が完全に特定されてしまいます。
その場合はすぐにドローンを壊して、ポジションを変更しましょう。

ヴィジル(VIGIL)の立ち回り・役割

とにかく遊撃に出たほうが良いです。
固有アビリティのERC-7を纏いながら、相手を撹乱して時間を使わせることができれば役割としては十分です。
もちろん、デスしてしまった時に味方のカバーが入れられる位置にいたほうが良いのは他オペレーターと変わりありません。
目安として遊撃で1分30秒〜2分ほどの時間を稼いで現地に生還できたら、例えキルを取れなくても遊撃として十分の仕事を果たしたと言っても良いでしょう。

ヴィジル(VIGIL)のおすすめピックマップ

どのマップにおいても遊撃というのは有用で、ヴィジルの固有アビリティを考えると、遊撃のスペシャリストとして活躍できます。
おすすめピックマップ:全てのマップ

ヴィジル(VIGIL)のまとめ

遊撃として活躍ができるヴィジル。うまく相手をかき乱す事ができれば戦況を変えていくことができる存在となれます。
遊撃の根本は時間を使わせることです。キルのチャンスがあれば狙っても良いですが、無理矢理キルを取りに行ってデスしてしまっては一番もったいないと言っても良いでしょう。ただ、例えば1on3になり、周りが囲まれてしまい、逃げ道がない状況などになってしまったら、その場合は「1キルでも持っていく」という姿勢に切り替えるのは良いと思います。
遊撃として存在感を出しつつ、裏取りなども適度に狙っていき、時間を使わせて、攻撃側が防衛ポイントに対して圧をかける時間を少なくしましょう。それがヴィジルの大仕事であり最も求められている役割といっても過言ではありません。

おすすめ記事

【シージ】カベイラの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加