【シージ】パルスの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

パルス(PULSE)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の防衛側オペレーター、パルス(PULSE)を解説しています。アーマー1、足3のオペレーターです。パルスは心拍センサーによって敵の位置を把握する情報系寄りのオペレーターです。範囲は半径9Mですが、的確に敵の位置を把握することができます。

固有アビリティ

心拍センサー

パルスの固有アビリティは心拍センサーです。
半径9M以内に攻撃オペレーターがいると心拍センサーが反応し、心臓の音を感知できます。壁や床などを貫通して情報を取得できるのが特徴です。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにサブマシンガンのUMP45、サブウェポンにハンドガンの5.7 USGを持つのがおすすめな構成です。
UMP45は防衛側としては高めなダメージの38となっており、レートが600なため、フルオートで撃ってもリコイル制御がしやすいです。
レート負けしないためにもしっかりと頭か銅を狙って撃っていきましょう。

おすすめアタッチメント

UMP45には、等倍サイト/コンペンセイター/バーティカルグリップ
5.7 USGには、マズルブレーキ
がおすすめです。

おすすめガジェット

ニトロセル(C4)

パルスはニトロセルか有刺鉄線の選択になります。
固有アビリティの特性上、突き上げでのキルを狙っていけます。そのため、ニトロセルを選択し、キルを狙っていくのが良いと思います。

パルス(PULSE)の所有できる武器一覧

M1014(ショットガン)

M1014
射程が若干長いショットガン。とはいえワンパンに持っていくには至近距離必須です。跳ね上がりはショットガンの中では小さめ。
ダメージ34
機動力50
装弾数8発
総弾数33発

UMP45(サブマシンガン)

UMP45
防衛側の銃ではダメージが若干高めでレートが低いです。レートが低いのでリコイルはしやすいです。ただランダムの横ブレがあり。
ダメージ38
連射速度600
機動力50
装弾数26発
総弾数176発
リコイルのしやすさ☆4
距離減衰の目安☆4
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 50位

5.7 USG(ハンドガン)

5.7USG
低反動で装弾数も多く扱いやすい武器です。ダメージは少し低めなので注意。
ダメージ42
機動力45
装弾数21発
総弾数81発
距離減衰の目安☆3

M45 MEU(SOC)(ハンドガン)

M45 MEU(SOC)
ダメージが高くて装弾数が低い。リコイルもちょっと強めです。
ダメージ58
機動力45
装弾数8発
総弾数57発
距離減衰の目安☆1

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

パルス(PULSE)の強み

心拍センサーにより攻撃オペレーターのエントリーポイントや割いているリソース(人数)がわかります。
それにより、味方に「どっちから何人攻めてきている」といったような情報を共有することができます。もちろんヴァルキリーのカメラやマエストロのイービルアイ、固定の標準カメラなどでも把握はできるのですが、基本的には設置型で動かすことができる情報系の固有アビリティはパルスの心拍センサーかエコーのヨーカイドローンになります。
動ける情報系寄りのオペレーターとして攻撃側の意図や戦略を把握し、裏取りを行ったり、現地のメンバーは対策を練れる状態にしておくと良いでしょう。

パルス(PULSE)の弱み

パルスの弱みは心拍センサーの起動中は無防備になることです。
武器への切り替えもなかなか遅く、例えば上の階などの情報を取得しているとそれに夢中になってしまい、平面からの敵の押しに気付かなかったり、画面内が固有アビリティで専有されるので、ドローンに気付かなかったりといったことが起こります。
ドローンに気付かれると簡単にキルを取られてしまう原因になるので、こまめに固有アビリティの起動、停止をするようにしたほうが良いでしょう。

パルス(PULSE)の立ち回り・役割

強みでも記載したように、敵の侵入ポイントや戦略・戦術をある程度把握するというのが役割になってきます。
それをしっかりと現地のメンバーに共有し、情報として役に立てて貰えれば役割としては十分だと思います。
また、ニトロセルによる突き上げのキルは常に狙っていけるように立ち回るのが良いでしょう。
もちろん防衛場所によっては難しい場合もあるので、無理に行う必要はありませんが、狙っていける防衛ポイントの場合は積極的に行っていくとプレッシャーにもなり、効果的であると思います。

パルス(PULSE)のおすすめピックマップ

上下間でキルができるようなポイントがあるマップや、広いマップで情報収集が必要なマップは、パルスが活躍できる可能性が高いでしょう。
おすすめピックマップ:領事館/銀行/国境/海岸線/テーマパーク/ヴィラ/要塞/アウトバック

パルス(PULSE)のまとめ

戦略や戦術を把握するのに長けています。
しっかりと動くことによって、敵がどこから攻めてくるのか完全に把握することができるようになります。ここまで記載していませんでしたが、足3オペのため、基本的には遊撃に出るスタイルの戦い方です。
遊撃に出つつ、エントリーポイントを見極め、個人でも裏取りしていけるようなスタイルで戦えるととても良いと思います。

おすすめ記事

【シージ】ヴァルキリーの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加