【シージ】オレゴン地下(洗濯・備品)の攻め方を解説!【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

オレゴン地下(洗濯・備品)攻め方の概要

オレゴンB1Fマップ

オレゴンの地下攻めでは、まずAボム、Bボムのどちらを攻めるのか早いうちに決めたほうが良いでしょう。決め手となるのは防衛側のオペレーター構成による場合が多いです。できる限り準備フェーズ中にドローンが破壊されない範囲で防衛オペレーターが探れると良いです。
重要な防衛オペレーターとしてはカイドミラミュート辺りが居るのか居ないのかによって、どちらのボムに対してのほうが攻めが成立しやすいか決まってきます。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

オレゴン地下(洗濯・備品)攻め方の戦略

戦略について注意点

基本的にレインボーシックスシージの戦略は無数にあります。ここでは、テンプレとしてこういうのが存在しますという一例を紹介しています。この紹介以外にもいろいろな戦術があることは念頭に入れてプレイしていただければと思います。

オレゴン地下の攻めで重要になる拠点は「会議ホール」です。
Aボム/Bボム、どちらを攻める場合でも会議ホールは取らないとだめでしょう。ただ、その会議ホールの取り方もいくつかあります。
正面玄関から中央突破していく方法・タワーから取っていく方法・オフィス方向から慎重に攻めていく方法。
会議ホールには通称、連通と呼ばれる会議ホールの2Fに当たる場所があります。ここもしっかりとクリアリングしておかないと、会議ホールだけがクリアだったからといってすぐに入ってしまうと、上からの斜線でやられてしまいます。注意しましょう。
また、食料庫の壁が開いている場合はキッチンのほうまでクリアリングをしないと遊撃がキッチン・食堂方向から会議ホールまで幅広く守っている可能性もあります。

落とし戸を割ろう

会議ホールをガッツリと守っている場合以外は基本的に会議ホールの2箇所・教室前の1箇所の落とし戸が閉まった状態であると思います。
そしてこの3箇所はどこも開けておきたい場所になります。会議ホールをガッツリと守っている場合は、配電室の上の落とし戸は恐らく空いているでしょう。これは十分に遊撃で時間が稼げた時や会議の守りがかなりきつくなった場合に地下に逃げるために空けておきます。
ただし、一般的なランクマッチでは閉めている事が多いと思います。そして3枚を割りたいのですが、教室前の落とし戸はカイドでの餅つきがし易く、ヒバ1人では少し不安が残ります。なので、テルミットヒバナのハードブリーチャーのダブルピックがおすすめではあります。

落とし戸が割れたら

落とし戸を割ることに成功したらプラントの準備が概ね整います。
人数有利であればAボム側を攻めるのが良いでしょう。しっかりと各所をロックして、定番のプラントポジでプラントトライを行って良いと思います。C4で1人飛ばされてしまっても、すぐに再度プラントがトライできるように準備しておきましょう。備品小部屋のミラ裏ポジに2人構えていることはそうそうないと思うので、次のプラントトライでC4を投げてくるような場合はロックのポジに入る形になると思います。そうなった時は逃さずにロックしている人が対応できると良いでしょう。
人数イーブンや不利の場合はBボムに攻めたほうが良いケースもあります。残りのオペレーターがスモークグレネードを持っていれば話は別になる場合もありますが、会議ホールの食料庫横にある落とし戸からスタンやフラグを投げ込んでBボムのミラポジ裏をどかして(もしくは音を聞こえなくして)Bボムに対して残った味方全員でタイミングを合わせて突入すると良いと思います。
落とし戸の降りをロックされてしまっているような場合は、タワー階や洗濯階段から挟み込むような形で攻めていくしかないでしょう。しかし基本的にはミラポジの正面になるため、攻め側が弱い事が多く、失敗に終わるケースが多いです。
オレゴン地下攻めは遊撃の対処にしっかりとリソースやガジェットを割いて、まずは遊撃を潰して人数有利を作るところから始まると言っても過言ではないでしょう。

おすすめピックオペレーター

オレゴン地下攻めでは、サッチャーはどんな場面でも応用が効くオペレーターです。また、上記で説明したとおりですが、テルミットやヒバナはハードブリーチャー同士ですがダブルピックするのが最近の主流です。
サッチャーをピックしないような場合はマーベリックが居ないと落とし戸が割れない場合もあるので、注意しましょう。
おすすめピックオペレーター:サッチャー/テルミット/ヒバナ/マーベリック

おすすめ出現地点

オレゴンの出現地点は、廃品置き場/通り/建築現場の選択になります。
地下攻めの場合、特に理由がない限りは「通り」か「建築現場」で出現するのが良いでしょう。「廃品置き場」で出現するのも良いですが、その場合はオフィスやシャワー、キッチン、食堂のクリアリング要員となると良いでしょう。

オレゴン地下(洗濯・備品)の割り場所

開通したい場所はやはり落とし戸でしょう。
ラッシュをかける場合は、バンカーと呼ばれる建設現場からすぐにエントリーできる箇所に2枚補強が入っていると思うので、そこに対してヒートチャージを使用して割っていくのもありです。
教室前の落とし戸は割対策されている場合が多いので、下記の動画で割り方に関して説明しています。(割りの部分から動画の再生が始まるので、よかったらぜひ観てみてください!)

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

オレゴン地下(洗濯・備品)のプラントポジ

オレゴンB1F プラントポジション

Aボム・Bボムともに強力なプラントポジションがあります。
各ポジションを以下で紹介しますので、状況に合わせてどこのプラント位置でプラントするのが良いのか選択すると良いでしょう。

オレゴン地下(洗濯/Aボム)のプラントポジ

オレゴンB1F Aボムプラントポジション

Aボムのプラントポジは3箇所です。
画像の3のプラント位置に関してはスモークグレネードの使用を前提としたプラント位置になります。
1の位置は斜線もかなり切れており、備品室の小部屋のミラポジからも斜線は通らないのですが、静かな環境だとプラント音が聞こえるので、決めC4が飛んできてすぐにやられてしまいます。できれば人数有利の時に、何度もトライする用に使いたいです。
2の位置はC4が飛んでくる可能性は低いのですが、ミラが入っている場合はポジションに行くまでにスモークグレネード等で斜線を切らないと移動が成立しません。
また、カゴのような荷物の裏でプラントができるのですが、プラント中は全身見えなく、斜線もしっかり切れるのですが、プラントが終わりしゃがみの状態になった瞬間に頭1個出るので、そこで抜かれる可能性があります。

洗濯/Aボムのプラント中やプラント後のロックポジ

オレゴンB1F Aボムプラントポジションロックポジ
オレゴンB1F Aボムプラントポジションロックポジ

まず、教室前の落とし戸が割れていることが前提です。教室に入り、教室から伏せなどで頭1個だけ出して1の斜線で洗濯室倉庫のローテーションホールをロックします。
あとは2か3の斜線はどちらかが居ればよいのですが、1に人員を割いている場合はどちらかといえば3のほうが良いです。奇襲で会議ホールから裏取り等されると、一気に2人持っていかれてしまうためです。どちらも地下通路からプラントを阻止に来る防衛側のオペレーターをロックするものです。この2箇所+プランターが必要なので、プラントプレイに持っていくために、最低3人はほしいところです。

オレゴンB1F Aボムプラントポジションスモークグレネード支援

オレゴン地下(備品/Bボム)のプラントポジ

オレゴンB1F Bボムプラントポジション

Bボムのプラントポジは2箇所です。
配電室上のハッチから降りたり、バンカー横を割って備品室に侵入して1のポジションで設置をするか、会議の落とし戸を開けて2のポジションに勢いよく走り込んで設置するかになるでしょう。

備品/Bボムのプラント中やプラント後のロックポジ

オレゴンB1F Bボムプラントポジションロックポジ
オレゴンB1F Bボムプラントポジションロックポジ

Bボムのプラントロックポジは色々あるのですが、まずは1。
この位置は中に入りこんでしまってローテーションホールを抑え込むものです。
割りと奇襲的な立ち位置ですが、ミラ裏を排除できていることと、3を行ってくれるプレイヤーが居ればかなり楽なロック位置になります。
2のロック位置はタワー階を見守るものになります。ここをロックするとタワーから降りてくる、プラントをされて急いで戻ってきた遊撃のプレイヤーをカットすることができるでしょう。また、この位置は会議にリテイクをいかれていても気付かれることがなく、かつ降りた音は聞こえるので、味方に降りたことの報告を入れることができる位置となります。
3に関しては洗濯室階段の降りをロックする斜線です。ここも遊撃の戻りをロックする形の斜線になります。
4や5の斜線は遊撃のリテイクにもある程度対応できる斜線となっています。会議を取り返しにきた遊撃に対しての対応も可能な斜線です。ただし、どちらか一方に集中してしまうと遊撃にやられたり下からやられたりしてしまうので気をつけましょう。
見る箇所は4は地下通路、5はプラントしたボム位置が見えるロックポジションとなっています。

オレゴンB1F Bボムプラントポジションスモークグレネード支援

オレゴン地下(洗濯・備品)の攻め方まとめ

防衛側オペレーターの構成によってAボム/Bボムの攻めのどっちが有利かが変わるマップです。できる限り準備フェーズ中に防衛側のオペレーター構成がわかると良いですが、ドローンは攻めでは重要な武器となります。壊されないように慎重に回しましょう。
周りに使われているガジェット、固有アビリティ、足音などで大体のオペレーターが判断できると尚良いです。
ミラがいることが多いので、スモーク越しのプラントという機会が多くなりがちです。スモーク越しのプラントを通す場合は、イーヴィルアイや防弾カメラなどスモーク越しでも透過して見えてしまうガジェットや固有アビリティには注意しましょう。しっかりと潰してからプラントにいかないと、プラント位置が特定(ピンを立てられなくても、パーティであれば報告や自身で確認するなど)されて、決め撃ちなどでデスしてしまう場合があります。

おすすめ記事

【シージ】オレゴンのマップ解説【R6S】

オレゴン

このエントリーをはてなブックマークに追加