【シージ】ノックの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノック(NØKK)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の攻撃側オペレーター、ノック(NØKK)を解説しています。アーマー2、足2のオペレーターです。使い所が難しい、凸向きオペレーターです。奇襲をするにはもってこいですが、バレてしまうと弱い面も。銃性能は高くないので、注意が必要です。

固有アビリティ

HELプレゼンス・リダクション(HEL PRESENCE REDUCTION)

防衛側の偵察系デバイス(監視カメラ・防弾カメラ・ヴァルキリーカメラ等)に映らなくなります。
また、足音もかなり消音になり、カベイラの固有アビリティのような効果を発揮します。隠密行動に優れたオペレーターの一人です。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにFMG-9、サブウェポンにD-50を持つのが一般的な構成です。一般的にはFMG-9で交戦し、撃ち合い中の弾切れや超近距離戦のみD-50を使っていくスタイルがおすすめです。

おすすめアタッチメント

FMG-9 には、等倍サイト/コンペンセイター
D-50には、特になし
がおすすめです。

おすすめガジェット

ブリーチングチャージ

ノック(NØKK)は、クレイモアとブリーチングチャージを選択できますが、ガジェット自体を使う機会があまりありません。固有アビリティがかなり隠密行動向きなので、音が立つのも避けたいです。
ただ、ブリーチングチャージの起爆とともに突入していく、いわゆるブリ凸と呼ばれる使い方は一理あるのかなと思います。そのため、おすすめとしてはブリーチングチャージとしました。

ノック(NØKK)の所有できる武器一覧

スモーク・ミュートのサブマシンガン、リージョンのショットガン、FBI・NAVY SEALのハンドガンを所持しています。

FMG-9(サブマシンガン)

FMG-9
ダメージが平均的でレートがちょっと高めな武器です。リコイルはそこそこしやすい武器になっています。
ダメージ30
連射速度800
機動力50
装弾数31発
総弾数181発
リコイルのしやすさ☆3
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 46位

SIX12 SD(ショットガン)

SIX12 SD
インのショットガンその性能そのままに、サプレッサーが付きました。
ダメージ35
機動力50
装弾数6発
総弾数36発

5.7 USG(ハンドガン)

5.7USG
低反動で装弾数も多く扱いやすい武器です。ダメージは少し低めなので注意。
ダメージ42
機動力45
装弾数21発
総弾数81発
距離減衰の目安☆3

D-50(ハンドガン)

D-50
ダメージが高いハンドガン、反動もでかいです。
ダメージ71
機動力45
装弾数8発
総弾数43発
距離減衰の目安☆1

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

ノック(NØKK)の強み

ノックの強みは何と言ってもカメラに映らないこと。
ヨーカイドローンだとヴィジルのようなエフェクトが入り、ある程度近くにいるということがバレてしまう特性がありますが、その他ガジェットや固有アビリティ(監視カメラ・防弾カメラ・ヴァルキリーカメラ・イーヴィルアイ等)から身を防げるのは非常に有利と言えるでしょう。

ノック(NØKK)の弱み

やはり攻撃側オペレーターであるのにも関わらず、武器が弱いというのがあげられます。また、ACOGが持てないため、ロングでの撃ち合いもほぼ同等か、防衛側がACOG持ちだった場合、不利な状況になります。
撃ち合いになると分が悪いので、読み合いや立ち回りで回避するようにすると良いでしょう。

ノック(NØKK)の立ち回り・役割

ノックはルートロックなど、ジッと敵を待つような動きよりも、歩き回って撹乱させるような動きのほうが良いでしょう。
例え絶対に見つからないようなヴァルキリーカメラを仕掛けたとしても、固有アビリティを使用されてしまうと、カメラで情報が追えない状況になるので、絶対的な決め打ちができなくなります。
固有アビリティを使用している間は足音もかなり消音になるので、あちこち歩き回って、防衛側を撹乱させるような動きができるととても良いと思います。

ノック(NØKK)のおすすめピックマップ

ノックの固有アビリティはマップに左右されるものではないので、特におすすめとするマップはありません。戦略次第で、全マップで有用な硬化を発揮すると言っても過言ではないでしょう。
おすすめピックマップ:全てのマップ

ノック(NØKK)のまとめ

固有アビリティがかなり特徴的なため、初心者にはあまり向いていないかもしれません。
このタイミング・この間合いであればいけるというような、経験則から導き出される、ある種センスのような立ち回りも求められるでしょう。
しっかりとマップや戦略を研究し、どこでどんなことがされたら嫌なのか?といったことを考えながらプレイする必要があるオペレーターと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加