【シージ】ミュートの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュート(MUTE)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の防衛側オペレーター、ミュート(MUTE)を解説しています。アーマー2、足2のオペレーターです。ミュートは固有アビリティのシグナルディスラプターで敵の固有アビリティやドローンの動きを制限させることができます。

固有アビリティ

シグナルディスラプター

ミュートの固有アビリティはシグナルディスラプターというデバイスを設置できる、というものになります。デバイスは4つ設置することができ、テルミットヒバナといったハードブリーチング(補強壁を破壊できる能力)を無効化できるので、補強壁の裏に設置したり、半径2Mの範囲内にドローンが入るとドローンの動きを完全に止めることができるのでドローン穴やポイントの出入り口付近に置くと効果的です。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにM590A1というショットガン、サブウェポンにマシンピストルのSMG-11を持つのがおすすめな構成です。
メインウェポンにショットガンを持つオペレーターは珍しいのですが、現地の工事(破壊可能な壁を破壊して通れるようにしておくこと)を行うのに必要なため、メインウェポンにショットガンをピックします。

おすすめアタッチメント

M590A1には、等倍サイト
SMG-11には、等倍サイト/コンペンセイター/バーティカルグリップ
がおすすめです。

おすすめガジェット

ニトロセル(C4)

ミュートはニトロセル(C4)と防弾カメラが選択できます。
ニトロセルはキル性能が高く、なかなか正面からの撃ち合いだと厳しい盾オペレーターの撃退に効果的です。また、味方と連携することで簡単にキルを取れたりするのも良い点です。
防弾カメラは戦略や良い設置場所を知っていないとなかなか活かすのが難しいガジェットです。味方内で設置場所などの相談が必要なガジェットだと思います。
汎用性が高いのはニトロセルだと思うので、ニトロセルをピックしておけば間違いないと思います。

ミュート(MUTE)の所有できる武器一覧

M590A1(ショットガン)

M590A1
ダメージ・レートともにバランスが良く、リコイルの制御がしやすい扱いやすくて強い武器です。
ダメージ48
機動力50
装弾数7発
総弾数36発

MP5K(サブマシンガン)

MP5K
ダメージが平均的でレートがちょっと高めな武器です。リコイルはそこそこしやすい武器になっていますが、ランダムの横ブレがあります。
ダメージ30
連射速度800
機動力50
装弾数31発
総弾数181発
リコイルのしやすさ☆3
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 46位

P226 MK 25(ハンドガン)

P226 MK25
威力もそこそこ。装弾数もある。反動も少なく、扱いやすい武器です。
ダメージ50
機動力45
装弾数16発
総弾数76発
距離減衰の目安☆2

SMG-11(マシンピストル)

SMG-11
ダメージ・レートともにバランスが良く、リコイルの制御がしやすい扱いやすくて強い武器です。
ダメージ35
連射速度1270
機動力50
装弾数17発
総弾数97発
リコイルのしやすさ☆1
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 1位

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

ミュート(MUTE)の強み

ミュートの強みはドローンの動きを制限することにあります。
ドローンの動きを制限できるのはミュートが唯一です。
他のオペレーターのアビリティでも破壊等はできますが、動きを制限する(これ以上は進められないなと判断させる)ことができるのはミュートのアビリティのみです。
また、ミュートの範囲内に入ると効果を無効化できる攻撃側のアビリティがいくつもあります。味方が防衛する地点に置いてあげると助かる場合があります。そこは相談の上、置いてあげると良いでしょう。

ミュート(MUTE)の弱み

スモークと同一なのですが、メインウェポンにショットガンをピックしてしまうため、ロングでの撃ち合いは非常に弱くなります。サブウェポンのSMG-11はDPSが全武器中1位の強い武器なのですが、リコイル制御が非常に難しいため、ロングでの撃ち合いには向いていません。
逆にショットガンとSMG-11が組み合わされば、近距離での打ち合いに関しては鬼に金棒ではあります。

ミュート(MUTE)の立ち回り・役割

ドローンの動きを制限するということを念頭に置いて固有アビリティの配置を行うと良いと思います。
一度アビリティを置いてしまったら、あとは遊撃にいくなり現地を守るなり、どちらでも良いと思います。中級者・上級者向けには、サッチャーのEMPグレネードを使わせた後にシグナルディスラプターを置いていくなど、高度な駆け引きができるとより良いと思います。

ミュート(MUTE)のおすすめピックマップ

どのマップにおいてもドローンというのは防衛側の脅威になります。
なので一概におすすめのマップというのはありません。ただ、どのマップでも汎用的に活躍が見込めるので、全てのマップでピックしても良いオペレーターと言えると思います。
おすすめピックマップ:全てのマップ

ミュート(MUTE)のまとめ

ドローンの動きを制限することができるのは唯一無二の能力です。
それを念頭に入れながら、ハードブリーチャーへの対応も考えることができれば非常に万能な働きをするオペレーターになると思います。
防衛側にとって、常にドローンに見られるというのは厄介です。
遊撃にとっても、現地守りにとっても、ドローンには見られたくないものです。
デバイスの設置は4つしかできないので、遊撃のオペレーターに使用するという機会は少ないかもしれませんが、敢えて現地から遠い場所に置いてみるという作戦も、一つの手かもしれませんね。

おすすめ記事

【シージ】モジーの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加