【シージ】カイドの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

カイド(KAID)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の防衛側オペレーター、カイド(KAID)を解説しています。アーマー3、足1のオペレーターです。カイドの特徴は補強壁やガジェットをビリビリさせること。ハードブリーチャー(補強壁を割ってくるオペレーター)対策にもなります。

固有アビリティ

RTILAエレクトロクロウ

カイドの固有アビリティはRTILAエレクトロクロウです。
補強壁や落とし戸、有刺鉄線、展開型シールドなど、範囲内であれば1つのエレクトリッククローで複数のオブジェクトを遠距離からビリビリさせることができます。ハードブリーチャーの阻止が大きな仕事です。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにサブマシンガンのAUG A3、サブウェポンにハンドガンの.44マグセミオートがおすすめです。
メインウェポンのAUG A3はDPSランキングがワースト5位と強くはないのですが、サブウェポンの.44マグセミオートは特殊な約2倍のサイトが付いており、遠距離を対応できるため、近距離向きのAUG A3がおすすめです。
TCSG12はショットガンですがスラッグ弾形式のため、ロングの戦いができ、ACOGが装備可能です。

おすすめアタッチメント

AUG A3には、等倍サイト/コンペンセイター/バーティカルグリップ
.44マグセミオートには、マズルブレーキ
がおすすめです。

おすすめガジェット

有刺鉄線

カイドは有刺鉄線とインパクトグレネードの選択になります。
固有アビリティ、エレクトリッククロートのシナジーがあるのは有刺鉄線です。
ただ、汎用性が高いのはインパクトグレネードなので悩みどころです。
特にカイドは足も早いわけではないので現地か遊撃と現地の間を守ったりすることが多いです。もし防衛の構成にローテーションホールを作れるオペレーターや、他にインパクト持ちの現地守り系のオペレーターがいれば有刺鉄線をピックするのが良いでしょう。

カイド(KAID)の所有できる武器一覧

AUG A3(サブマシンガン)

AUG A3
そこそこの性能のSMG。本当にそこそこという感じです。リコイルは素直なほうなので撃ちやすさはあります。
ダメージ33
連射速度700
機動力50
装弾数32発
総弾数218発
リコイルのしやすさ☆4
距離減衰の目安☆5
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 49位

TCSG12(ショットガン)

TCSG12
ACOGがつけれるスラッグ式のショットガン。近距離は穴開けもでき、遠距離は1つの玉が飛んでいくような形です。
ダメージ84
機動力50
装弾数11発
総弾数51発

.44マグセミオート(ハンドガン)

.44マグセミオート
特殊な約2倍のサイトが付いたハンドガン。跳ね上がりは大きめです。
ダメージ54
機動力45
装弾数8発
総弾数50発
距離減衰の目安☆4

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

カイド(KAID)の強み

カイドの強みは遠距離からハードブリーチングを阻止できることでしょう。
ハードブリーチングの阻止はカイドが登場するまでバンディットのお仕事でした。バンディットの餅つきは補強壁の裏にスタンバイせねばならず、場所によっては危険もある、確実に潰されてしまう可能性もあるものでした。
しかし、カイドが登場したことにより遠距離から餅つきが行えるようになったことにより、攻め側がハードブリーチングを成功させる難易度は上がりました。
場所にもよりますが、警戒していても成功させることができるような立ち回りが可能になりました。

カイド(KAID)の弱み

固有アビリティのエレクトリッククローの起動が遅いことです。
音を注力して聞いて餅つきをしても間に合わないということが多々起こります。
また、あまりに餅つきに集中しすぎると予期せぬ位置から射撃をされてデスしてしまうこともあります。常に周りには気を付けましょう。

カイド(KAID)の立ち回り・役割

ハードブリーチングさせない、というのは1つ役割として重要と言っても良いでしょう。立ち回りとしては攻撃側のハードブリーチングに注意しながらハンドガンの特殊サイトを利用したロングを見れる性能を活かして戦っていけると良いと思います。基本的には現地籠り寄りのオペレーターです。
近距離戦はメインウェポンで対応しましょう。リコイルはある程度しやすく、扱いやすさはある武器となっています。

カイド(KAID)のおすすめピックマップ

遠距離からの餅つきや落とし戸のビリビリが有効な場所での活躍が期待できるでしょう。
おすすめピックマップ:民家/オレゴン/クラブハウス/領事館/銀行/山荘/カフェ・ドストエフスキー/国境/ヴィラ

カイド(KAID)のまとめ

最初から補強壁に対してエレクトリッククローを使用するのか、餅つきをするのかは予め決めておくと良いでしょう。
ロングも戦える、近距離も戦える、撃ち合いにおいてはわりと万能なオペレーターですが、メインウェポンのDPSがあまり高くない点と、サブウェポンは特殊な倍率のサイトですが、反動が大きいので的確なエイムが求められる、撃ち合いが難しいオペレーターでもあります。
しかしながら、遠距離からの餅つき、魅力的です。しっかりと音を聞き分けてハードブリーチングの固有アビリティを破壊できれば大きなアドバンテージとなります。
安全な場所を確保して、積極的に狙っていっても良いでしょう。

おすすめ記事

【シージ】バンディットの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加