【シージ】グラズの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラズ(GLAZ)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の攻撃側オペレーター、グラズ(GLAZ)を解説しています。アーマー2、足2のオペレーターです。グラズの強さはスモーク越しでも敵の視認が可能なところ!一方的に撃ち込むことができます。

固有アビリティ

フリップサイト

グラズの固有アビリティはフリップサイトです。
固有アビリティ自身に4倍サイトがついているので、アビリティを使用してADS(サイトを覗く)すると4倍の倍率で見ることができます。
また、サーマルスコープになっており、防衛側オペレーターが黄色く表示されます。そのため、かなり狙いやすくなります。さらにスモークグレネード等のスモークの中に居てもサーマルスコープは透過するため、スモークグレネード等でスモークを発生させて、その中から撃ち込むといったことが可能です。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンはマークスマンライフルのOTs-03が固定です。
サブウェポンはハンドガン2種類からの選択ですが、PMMがおすすめです。

おすすめアタッチメント

OTs-03には、等倍サイト/マズルブレーキ
PMMには、マズルブレーキ
がおすすめです。

おすすめガジェット

スモークグレネード

Y4S3からは、クレイモアがフラググレネードに変更されました。
グラズはスモークグレネードとフラググレネードの選択になります。
グラズ自体がスモークグレネードとかなり親和性のある固有アビリティを保有しているので、スモークグレネード一択と言っても良いでしょう。

グラズ(GLAZ)の所有できる武器一覧

OTs-03(マークスマンライフル)

OTs-03
一発の威力が高いです。跳ね上がりはそこそこ。なんとか制御できるレベル。
ダメージ71
機動力36
装弾数11発
総弾数61発
距離減衰の目安☆5

※Y4S3.3で、連射速度が285→380に修正されました。

GSH-18(ハンドガン)

GSH-18
ダメージが低めで装弾数が多い。跳ね上がりも少ないです。
ダメージ44
機動力45
装弾数19発
総弾数73発
距離減衰の目安☆3

PMM(ハンドガン)

PMM
ダメージが高めで装弾数が少ない。跳ね上がりもあまり感じません。
ダメージ61
機動力45
装弾数9発
総弾数49発
距離減衰の目安☆1

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

グラズ(GLAZ)の強み

グラズの強みはスモークグレネードを使った一方的な撃ち込みです。
防衛側オペレーターはスモークしか見えませんが、グラズ側は黄色く見えているので一方的な射撃が可能です。
サイトを覗きながら進行するとスモークの境がわからなくなってしまうので、進行のしすぎには注意が必要です。

グラズ(GLAZ)の弱み

相手にグラズが居るとわかってしまっている場合、スモークグレネードを使用すると防衛側オペレーターに引かれる可能性があることです。
また、マエストロのイービルアイや防弾カメラもサーマル感知性のある情報系ガジェット・固有アビリティです。
これらがあるとどこまで進行されているかがバレてしまい、予想外の斜線からの決め撃ちやニトロセルの投擲などがあります。スモークグレネードがあるからと言って過信せず、慎重に進むことをおすすめします。

グラズ(GLAZ)の立ち回り・役割

役割としては現地への圧をかけるのがメインとなってくるでしょう。
遊撃をキルするといったプレイも必要な場合はありますが、それよりも現地へ圧をかけるのを一番の役目だと思ったほうが良いように思います。
ポイント内やポイント付近にスモークを焚かれてグラズが進行してくるのは本当に厄介です。
逆にグラズ側としてはイェーガーのADSの存在には注意しましょう。肝心なスモークグレネードが無効化されてしまうと非常に痛手です。
また、味方にモンターニュがいる場合はモンターニュの裏で射撃をしていくプレイができると良いと思います。モンターニュとグラズのセットは本当に厄介です。

グラズ(GLAZ)のおすすめピックマップ

基本的にはどこのマップでピックしても良いでしょう。
ただ、障害物が多いマップではサーマルスコープによる索敵が行えない場合があるので、障害物が少ないマップのほうが得意でしょう。
おすすめピックマップ:オレゴン/ヘレフォード基地/クラブハウス/大統領専用機/ヨット/領事館/銀行/運河/カフェ・ドストエフスキー/国境/高層ビル/海岸線/テーマパーク/タワー/ヴィラ/要塞/アウトバック

グラズ(GLAZ)のまとめ

スモークグレネードの中から一方的に撃ち込めるのは本当に強く、防衛側からしてみれば厄介です。グラズがピックされているだけで防衛側は何かしらの対策を講じねばならず、スモークグレネードが焚かれたら身を隠さなければなりません。
更に、モンターニュとのコンビは凶悪なものです。しっかりと裏のカバーを行ってくれる味方がいれば、平面からゴリゴリと押していくことができます。
モンターニュで前線をガツガツ上げて、防衛側オペレーターが逃げるところをグラズが対応するといったプレイができると本当に強いです。
現地への圧力も半端なく、遊撃も戻らざるを得なくなるので、そこを楽にキルしていけるロックの体制が整っていれば完璧です。
また、防衛側オペレーターが黄色く見えるため、個人的には初心者にもおすすめのオペレーターの1人になっています。

おすすめ記事

【シージ】ブラックビアードの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加