【シージ】フロストの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

フロスト(FROST)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の防衛側オペレーター、フロスト(FROST)を解説しています。アーマー2、足2のオペレーターです。フロストは、攻撃側オペレーターを絶対に負傷させられる、足止めトラップを床に設置することができます。

固有アビリティ

ウェルカムマット

フロストの固有アビリティは、ウェルカムマットです。
ウェルカムマットにかかった攻撃側のオペレーターは絶対に負傷してしまいます。攻撃側から見えない障害物を乗り越えた先や、落とし戸の真下に置くのがおすすめです。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにサブマシンガンの9mm C1、サブウェポンにハンドガンのMK1 9mmを持つのがおすすめな構成です。
9mm C1はレートは遅いですが、防衛側オペレーターの銃ではダメージはNo.1です。胴打ちでも倒しきることができるような武器になっているので、ダメージの高さを活かして戦えると良いでしょう。
サブウェポンはMK1 9mm。JTF2所属のオペレーターは サブウェポンにはハンドガンのMK1 9mmしか持てません。

おすすめアタッチメント

9mm C1には、等倍サイト/拡張型バレル/アングルグリップ
MK1 9mmには、マズルブレーキ
がおすすめです。

おすすめガジェット

有刺鉄線

フロストは防弾カメラと有刺鉄線の選択になります。
汎用性が高く、おすすめなのは有刺鉄線です。防弾カメラは視点を動かすことができないので、味方内でどこに付けるのが良いかしっかりと相談して、どこを見るためのカメラにするのか、話し合っておく必要があります。

フロスト(FROST)の所有できる武器一覧

SUPER90(ショットガン)

SUPER90
近距離戦にはもってこい。穴あけ工事にはあまり向いていません。
ダメージ35
機動力50
装弾数8発
総弾数33発

9mm C1(サブマシンガン)

9mm C1
防衛で一番ダメージの高い銃。レートは遅めですがダメージの高さ活かして戦いましょう。
ダメージ45
連射速度575
機動力50
装弾数35発
総弾数205発
リコイルのしやすさ☆5
距離減衰の目安☆3
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 39位

MK1 9mm(ハンドガン)

MK1 9mm
良くも悪くもハンドガンとしては普通な性能。
ダメージ48
機動力45
装弾数14発
総弾数66発
距離減衰の目安☆2

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

フロスト(FROST)の強み

ラッシュ対策ができるのが最も大きいです。
ウェルカムマットは電子デバイスではないため、アイキューの固有アビリティでは探知できません。足元を常に確認する必要があり、非常に厄介です。
攻撃する際には、防衛側オペレーターにフロストが居るとわかったら、しっかりとドローンを回して自分の侵入しようとしている経路にウェルカムマットが敷いてないか確認してから進行をすると良いと思います。

フロスト(FROST)の弱み

固有アビリティとしては、見つかってしまえば壊されてしまう可能性が高い事、侵入経路に対して設置できていないと無意味になってしまうことが挙げられます。
また、いくらメインウェポンがダメージ高い銃とは言え、基本的にレインボーシックスシージというゲームでは攻撃側のオペレーターの銃のほうが強く設定されています。
そのため、フロストのメインウェポンの9mm C1よりもダメージが高く、レートも高い武器はたくさん存在します。あまりダメージの高さに過信せずに立ち回りに気をつけていきましょう。

フロスト(FROST)の立ち回り・役割

立ち回りや役割としては、現地守りを行っても良いし、遊撃に出ても良いオペレーターでしょう。
壁の補強・有刺鉄線の設置、ウェルカムマットの設置が終わってしまえばあとは自由に動いて良いオペレーターと言えます。
味方がどういった動きをしているのか配慮しながら、自分の立ち回りも変えていくと良いと思います。
例えば遊撃に2人、3人と出ている状況であれば現地守りを行ったほうが良いと思いますし、遊撃に誰も出てないのであれば、攻撃側オペレーターの裏取りをするような動きをするのが良いように思います。

フロスト(FROST)のおすすめピックマップ

どのマップでも乗り越えモーションで入らないといけない箇所や、ラペリングからの侵入があります。そういった意味では、どのマップでピックしても良い防衛側のオペレーターと言えるでしょう。
おすすめピックマップ:全てのマップ

フロスト(FROST)のまとめ

ウェルカムマットは確実に負傷を奪える性能を持った固有アビリティです。
攻撃側オペレーターに感知されることがないような位置に設置ができるととても強力な固有アビリティになります。
逆に無意味な位置に設置してしまうと、役割としてあまり機能がしないので気をつけましょう。
また、ウェルカムマットに引っかかった場合は、自分でキルを取れる位置なら自分で見に行くのも良いですが、遠くの位置で引っかかったと思われる場合は、「もしかしたらどこどこでウェルカムマット引っかかってるかもしれない~」といった形で味方へ報告してあげると良いでしょう。
武器のダメージは高いので、そこは意識して撃ち合いにいけると良いと思います。

おすすめ記事

【シージ】クラッシュの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加