【シージ】キャッスルの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッスル(CASTLE)の概要

R6S(レインボーシックスシージ)の防衛側オペレーター、キャッスル(CASTLE)を解説しています。アーマー2、足2のオペレーターです。キャッスルは頑丈なバリケードを貼ることができます。爆発物でないと壊せないバリケードになっています。

固有アビリティ

アーマーパネル

キャッスルの固有アビリティはアーマーパネルです。
バリケードは通常3回(2枚割すると2回)近接攻撃を入れると破壊できます。
ですが、アーマーパネルは12回の近接攻撃が必要です。
設置できる箇所はバリケードが貼れる箇所になっています。
破壊するにはブリーチングチャージ・ブリーチング弾・スレッジハンマー・フラググレネードなど、爆発物やアビリティ/ガジェット破壊系の固有アビリティでしか破壊が難しいです。

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

おすすめ武器・アタッチメント・ガジェット構成

おすすめ武器構成

装備する武器は、メインウェポンにサブマシンガンのUMP45、サブウェポンにハンドガンの5.7 USGを持つのがおすすめな構成です。
UMP45は防衛側としては高めなダメージの38となっており、レートが600なため、フルオートで撃ってもリコイル制御がしやすいです。
レート負けしないためにもしっかりと頭か銅を狙って撃っていきましょう。

おすすめアタッチメント

UMP45には、等倍サイト/コンペンセイター/バーティカルグリップ
5.7 USGには、マズルブレーキ
がおすすめです。

おすすめガジェット

インパクトグレネード

キャッスルはインパクトグレネードと防弾カメラの選択になります。
インパクトグレネードのほうが現地の工事や遊撃時の立ち回り時に汎用性が高く、おすすめです。
防弾カメラに関しては戦術・戦略を練った上で、どこに設置をするか、仲間内との話し合いも必要になるので、少しテクニカルな選択となるでしょう。

キャッスル(CASTLE)の所有できる武器一覧

M1014(ショットガン)

M1014
射程が若干長いショットガン。とはいえワンパンに持っていくには至近距離必須です。跳ね上がりはショットガンの中では小さめ。
ダメージ34
機動力50
装弾数8発
総弾数33発

UMP45(サブマシンガン)

UMP45
防衛側の銃ではダメージが若干高めでレートが低いです。レートが低いのでリコイルはしやすいです。ただランダムの横ブレがあり。
ダメージ38
連射速度600
機動力50
装弾数26発
総弾数176発
リコイルのしやすさ☆4
距離減衰の目安☆4
DPSランキング
(全フルオートの54武器)
全54武器中 / 50位

5.7 USG(ハンドガン)

5.7USG
低反動で装弾数も多く扱いやすい武器です。ダメージは少し低めなので注意。
ダメージ42
機動力45
装弾数21発
総弾数81発
距離減衰の目安☆3

M45 MEU(SOC)(ハンドガン)

M45 MEU(SOC)
ダメージが高くて装弾数が低い。リコイルもちょっと強めです。
ダメージ58
機動力45
装弾数8発
総弾数57発
距離減衰の目安☆1

各武器についての説明

ぶらむちゃんねるをチャンネル登録する

キャッスル(CASTLE)の強み

強みは侵入経路を塞げるということです。
攻撃側のオペレーターにアッシュスレッジゾフィアなどがピックされていなかったり、ブリーチングチャージがなかった場合、真価を発揮します。
更に、ラウンドが進行し残りメンバーも時間も少なくなった場合に破壊できるガジェットや固有アビリティがなくなってしまった。という場合もあります。
そういった場合にも、非常に有効に働く固有アビリティの一つです。
また、ポイント近くに設置しておけば、爆発音や破壊音(通常のバリケードより大きな音が立つ)で敵の侵入がある程度予測できます。
また、銃もそこそこ強いので、撃ち合っていけるオペレーターです。(もちろん攻撃側のオペレーターのほうが、基本的には銃性能が良く設定されているので、過信はよくありません)

キャッスル(CASTLE)の弱み

アーマーパネルの欠点が1つあり、遊撃の進路や退路に対してアーマーパネルを設置してしまった場合です。
この場合、遊撃の邪魔になってしまい、アーマーパネルを破壊して進行するか、別のルートに回ってもらうかするしかなくなってしまいます。
そのため、野良等とパーティが一緒の場合、意思疎通がうまく取れていないと邪魔とされてしまうことも多々あり、設置が難しい固有アビリティの一つです。

キャッスル(CASTLE)の立ち回り・役割

まずは準備フェーズ中でのアーマーパネルの設置です。
もともとバリケードが貼ってあるところには、一度剥がしてからアーマーパネルの設置をせねばならず、そういった場合は約10秒ほど時間がかかります。補強壁の設置なども考えると、かなり準備が忙しいオペレーターです。
できる限り攻めてくる可能性が高い箇所から設置をすると良いと思います。(例えば、敵がラッシュを仕掛けてきていた場合、設置中にキルされてしまうなどが発生する可能性があります)
また、仲間内でパーティを組んでやる場合はしっかりとどこに貼るのか、貼ったのか、共有しておくと良いでしょう。

キャッスル(CASTLE)のおすすめピックマップ

バリケードを破壊されると斜線が通ってしまうポイントがあるマップで活躍が期待できます。
おすすめピックマップ:クラブハウス/領事館/高層ビル/ヴィラ

キャッスル(CASTLE)のまとめ

キャッスルはアーマーパネルの設置箇所が難しいオペレーターです。
アビリティとしてもかなり地味で目立ち辛いので、野良でやっているとあまりピックされていないイメージがあります。
しかしながら、プロリーグ等での試合を観ているとかなり有効活用されている場面もあり、場面場面ではかなり効果的なオペレーターに化ける可能性があります。
初心者が扱うのは難しいかもしれませんが、中級者・上級者になるにつれてピックする回数も増えてくると思います。戦術・戦略を練る際にはぜひ導入の検討をしてみていただきたいオペレーターの一人です。

おすすめ記事

【シージ】リージョンの立ち回り・役割・武器のおすすめ!初心者向け紹介【R6S】

オペレーター紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加